Original

お住いの家の土地境界は、おわかりですか。1センチ違うと◯◯◯万円の損

 

お住いの土地の境界わかりますか。

皆さんお住いの家の土地、またはお持ちの土地、お隣との境界が何処か把握していますか。

売却するにも、次の代に譲るにしても境界がはっきりしてないと後々トラベルのもとになります。

 

塀があると、その塀はどっちが作ったかという話になります。

代が変わっていると、誰が作ったかがわからなくなります。

境界塀の持ち主はどちらということで、塀の内側か、外側か若しくは真ん中かということになります。

 

 

境界標が財産を守ってくれる。

一番良いのは、しっかりとした境界標が有ることですね。

自分の土地の四隅に境界標が入っていれば、権利の範囲がはっきりしますね。

登記がして有るからと安心していても、現地に境界標がないとトラブルのもとになります。

ご自分の土地に、境界標が有るかないかの確認が必要です。

境界標が貴方の財産を守ってくれるのです。

地積測量図は、お手元にありますか。

土地家屋調査士が作成した地積測量図(実測図)はお持ちですか。

境界標が見つからない、工事などでズレたり、無くなってしまう場合があります。

傾斜地などでは土砂崩れなどでなくなってしまう場合があります。

道路工事や電柱工事、ブロック塀などの作り直しによりなくなってしまう場合。

車などに踏まれることにより移動、破損してしまう。

工事のために、一旦取り外し元の位置に戻さない場合

 

 

地積測量図は大切に保管してください。

境界標がなくなった場合には、土地家屋調査士が、地積測量図に基づいて境界標を元の位置に戻すことが出来ます

地積測量図は、大切に保管しておきましょう。

もし手元にない場合には、法務局に保管されているか閲覧してみてください。

保管されていれば、コピーを申請することが出来ます。

境界確定測量とは

自分の土地を測量する場合には、何より隣地の協力が必要です。

隣接地の土地所有者に、立ち合ってもらい了解を得ながら境界を決めていきます。

四隅が塀で囲まれていれば割りと楽に境界がわかりますが塀がないと厄介です。

 

杭が入っていればいいのですが

杭が入っていれば問題はないのですが、それでもそんな杭は知らなかったという人が出てきます。

ひとつでも、はっきりした杭がわかればそこを基準として話し合いながら測量してもらいます。

多少揉めても、この時点で決めておかないと、後になればなるほど揉める元になってしまいます。

 

塀や杭などがなく、植えてある木が境界の場合もあります。

せめて写真などでも残っていればいいのですが。

 

1センチズレても大変なことになります。

うちの地域であれば、2センチズレていて、そのズレの長さが10mで有れば20平方メートル違ってきます。

坪100万円の土地であれば600万円、ズレが1センチで有れば300万円違ってきます。

 

お隣さん同士、いままで良い関係だったのが境界の問題でうまくいかなくなるケース多いです。

 

境界確認書お持ちですか。

境界確認書があれば安心ですね。

この境界で間違いないと境界が確認されたときは、測量図面に写真、杭の位置を記載した書類に署名押印して各自が保管することになります。

境界確認を現地で確認するだけではなく、書面で残しておくことにより、あとあとの境界トラブルを防ぐことが出来ます。

 

新しく家を購入した場合

土地境界の明示を受けてください。

地積確定測量図を受領してください。

境界確認書を受領してください。

 

 

まとめ

境界標が、貴方の財産を守ってくれます。

境界標の位置を確認してください。

境界確認書により土地境界を客観的に示すことができるので境界トラブルを防ぐことが出来ます。

 

調布市・狛江市に住んで見る

調布の住みやすさとは

手持ち資金が少なくてもマイホーム持てるかも

この内容で送信します。よろしいですか?